組織の未来のために、技術の伝承を。社員ひとりひとりをつなげて、組織力を高めていきたい。

導入企業概要

佐藤工業株式会社様は、土木工事事業・建築事業をはじめ様々な建設事業をされています。
現在soeasy buddyを、組織の技術伝承、社内コミュニケーションに活用されていらっしゃいますが、
 今回、soeasy buddy導入を決定頂いた
土木事業本部の岩橋、菊田様に導入の背景、活用方法についてお聞きしました。 

佐藤工業株式会社様のWEBサイトはこちら>
導入前の状況
導入後の効果
  • 抱えていた課題と導入の経緯

    組織の技術伝承のため、使いやすく馴染みやすいツールを求めていました。

    記事のサムネイル(佐藤工業株式会社 左:岩橋様、右:菊田様)

    当社では新入社員をとっていない時期があり、指導的立場のメンバーに余裕がありません。
    加えて我々の世代では教わるではな背中を見て盗んでこいという教育方針でしたので、教えるスキル持ち合わせておりませんでした。

    しかし、新入社員にはきちんと時代に合った教育をしていきたいと考えていました。 

    そこで、教え方を知らない人間が教えるそれを補うツールとして飛びついたのがsoeasy buddyした

    使い方が難しければ馴染まないのですが、soeasy buddyは "easy" なので最初の一歩だけを手助けできれば使っていけると思導入しました。

    社会が変わろうとしているタイミングで、「我々の教育」も変えたい。 

    人や社会が変化している中で、これまでのような教育では対応できなくなりつつあります。
    そこで、当社では教育業務の立ち上げを行い、会社が良くなるような取り組みを試行錯誤しているところです。

    社会が変わろうとしているタイミングで、当社も変わっていこうと力を入れています。 

    自身、長い現場経験のなかで、教育に関して何とかしないといけないという課題感を持っていました。
    当社は、個々が考えて行動できる力をつけていこうという方針で個人の思い縛らないので伸ばしていくことができる会社だと思っています 

    北海道から沖縄まで、情報の水平展開を 

    当社北海道から沖縄まで全国に現場が、社内共有の際、時間や手間がかかり、伝達の過程で情報の精度が落ちているという課題を感じています。

    また、もっと情報を水平展開していくべきだと感じています。
    い情報は勿論ですがトラブル等の悪い情報も同じです。
    トラブル事例の水平展開をしなければ同じ事象が別の現場で起きてしまう可能性があるからです

    似たようなトラブルが起きないようにセキュリティの整った環境で節度ある情報共有ができたら良いと思っています。 

     

  • soeasy buddyの活用方法

    精度の高いノウハウ共有で全社のスキルアップ期待してます。 

    当社全国に支店があり、支店には、優秀人、教えるのが得意な人がいます。
    そのノウハウを
    支店だけに留めず全国に発信できれば、全社広がります。

    これまではメール電話訪問して共有するという周りに伝えていましたがsoeasy buddyを活用することで、全国の社員へ情報の質を落とさずにスピーディーな伝達が可能になると思っています 

    自然と組織の技術継承につながっていくことを期待しています。

    佐藤工業様_画像3横並び02

    技術を伝承するつもりでなくても、現場個々の社員のスキルノウハウをsoeasy buddy上に共有していくことで蓄積され継承されていくと思います。
    分からないことがあるときにsoeasy buddy検索することで然と組織の技術伝承につながると思っています。 

    デスクにいないときでもパッと確認でき、身近な存在になりそうです。 

    soeasy buddyは現場でパっと確認したいとき電車の中で確認したい時など場所を選ばず簡単に見ることができるで、非常に身近な存在として使用できると思っています。

    コミュニケーションの場として社員のエンゲージメント向上にも期待しています。  

    佐藤工業様_画像3横並び01

    現場によっては社員が34人少ないこともあり、閉鎖的狭い世界ってしまいます。soeasy buddyを見れどこかで誰かが同じように悩んでいることに気付くことができます。
    特に土木の場合は現場が山中にあることが多く、休日も街に遊びに行くことできず宿舎で寝て過ごすような生活もあります。

    その中でもコミュニケーションの場として使用できるので、社員のエンゲージメント向上う観点でも活かしたいと思っています。 

    また、各現場にいる社員に向けて、本社部署社員紹介するなど、本社と現場のコミュニケーションの場にしたいと考えています。
    この部署はこういう仕事しているので、こういった問題があれば聞いて下さいねと伝えることで現場と店内の連携がより良くなることを期待しています。 

短いスマホ動画で現場が変わります
まずは簡単資料請求

LINEやお電話でもお気軽にお問合せください